「VRであらゆる場所を研修センターに」エドガ/採択企業インタビュー

2019.02.20

電通と多彩なメンター陣による、スタートアップ支援プログラム「GRASSHOPPER」。3月開催予定のデモデイに向けて、1月より第1期のメンタリングが行われている。

並行し、第1期採択企業へのインタビューをスタート。事業内容や当プログラムにおける目標などを聞いていく。今回はVR技術を用いた従業員教育システムやコンテンツの開発を行う、株式会社エドガ CEO米本大河。前編では事業内容や、起業のきっかけについて聞いた。

後編はこちら

スター・ウォーズのVRコンテンツに衝撃

–はじめに、事業内容について教えてください。

米本:「あらゆる場所を研修センターに」をテーマに置いています。日本における深刻な人手不足という課題に着目し、主に労働集約型の仕事の一人当たりの生産性を向上させるためのバーチャル研修の仕組みを、VRを使って実現させようとしています。

–会社を立ち上げた背景は?

米本:3年ほど前、スター・ウォーズ7の公開タイミングに、はじめてVRコンテンツを体験しました。私はもともとスター・ウォーズの大ファンだったのですが、大好きな映画の世界に自分が入り込んで、目の前にキャラクターが現れて、武器を振り回せるという一連の体験に衝撃を受けました。ここまで人を驚かせ、感動させるバーチャル体験を自分の人生のテーマにしたいと思い、その体験後すぐに会社を辞め、エンジニアだった弟を巻き込み、会社を立ち上げました。

–VRを活用したビジネスでいうと、他にも様々なアイデアを検討したと思いますが、「人材育成」というカテゴリーに目をつけたのはなぜでしょうか。

米本:過去にアルバイトで引越し業者、荷揚げの仕事、家電量販店や携帯ショップの販売員、コンビニの店員といった、労働集約型の業務を複数経験した際、育成の仕組みが存在しないことに課題意識を持っていました。

新人でいきなり現場に送り込まれて、誰にも教えてもらうこともないまま、「習う前に慣れる」という方針は、失敗することを前提にしているので、未経験者にとって精神的な負担になっていると感じていました。

労働集約的な仕事の場合、座学で学べないことも多いことから、VRを活用することで、現場感ある業務体験を効率的に低コストで教える環境が今後必要になってくると考え、バーチャル研修センターの開発に取り組みました。

また、欧米ですでにいくつかのVRベンチャーがビジネスを拡大させはじめていることも背景にあります。アメリカではウォルマートが1万7000台のOculus Goを導入し、100万人程の店員にVRで接客の訓練をするといった取り組みが進んでいたり、ドイツでは、フォルクスワーゲンが生産物流のプロセス教育をしていたりと、欧米ではVRを活用した研修トレーニングが少しずつ浸透し始めています。自分たちもこの領域でアジアの先駆者になっていきたいと考えています。

–今後の米本さんの野望を教えてください。

米本:ジョージ・ルーカスを尊敬していることもあり、30年かけてILMのような会社をつくりたいです。技術の力で世の中を魔法に変えていく、そんなクリエイティブな集団、デザイナーやエンジニアが活躍する場をつくりたい。数字でいうと、30年かけて1兆円企業にしていきたいです。

後編はこちら

Interview & Text:長島龍大
Edit:市來孝人