ノバルス クリエイティブの力で「IoTのイメージ」を変えたい/採択企業インタビュー

2019.02.15

電通と多彩なメンター陣による、スタートアップ支援プログラム「GRASSHOPPER」。3月開催予定のデモデイに向けて、1月より第1期のメンタリングが行われている。

並行し、第1期採択企業へのインタビューをスタート。事業内容や当プログラムにおける目標などを聞いていく。今回は、すべての世の中の製品をIoT化することをミッションとするノバルス株式会社。取締役 事業開発部責任者CMO兼CSO 山中享に、後編では、「クリエイティブ」に対する捉え方や「GRASSHOPPER」への期待を聞いた。

前編はこちら

確かな技術は既にある。クリエイティブ・ブランディングの力で、IoTと世の中を近づけたい

ーGRASSHOPPERのメンタリングプログラムの主題である「クリエイティブ」や「ブランディング」の必要性を感じたきっかけは何ですか?

山中:2019年春に「モニタリングモデル」が市場に出ます。一方で現在のMaBeeeは、IoT好きの方には知っていただいているのですが、より幅広く一般の消費者や、B2Bの組み先として可能性のある方々にも知っていただきたい。そのためにも、デザインやブランディング、製品名などを今一度見直す時期を迎えている、と感じたのがきっかけです。

そもそも「IoT」自体も知っている人しか知らない言葉で、無骨でとっつきにくい印象を持たれがちです。そんなIoTのイメージを変え、テクノロジーや通信とまったく縁のない人も、IoTで幸せになれるような世界を作る。そのためにクリエイティブ・ブランディングの力を生かしたいのです。


ー具体的に、GRASSHOPPERのメンタリングプログラムにどんなことを期待されていますか?

山中:特に、ユースケースの拡張・発信をしていくために力をお借りたいしたいです。MaBeeeの用途は、実に多くの可能性を秘めています。例えば「コントロールモデル」であれば、通信を制御することで、電源がオンの状態のものをリモートからオフにする機能があります。玩具や家具だけではなく車やバイクなどのモビリティに導入し、盗難に遭った際に、遠隔制御することもできるでしょう。

しかし現状は、イベントブースやピッチ・ホームページなどの限られた場所での発信にとどまっています。よりMaBeeeの可能性を拡張するためにも、我々が様々なユースケースを提案していくというよりは、一般消費者や企業の方と新しいアイデアを発明し、発信できるようなプラットフォームを作っていくことで、当社が想定もしていなかった電池が通信する世界をご一緒に作り上げたいです。

ー実際にユースケースの開発や発信で、すでに取り組まれていることはありますか?

山中:ある出版社からの提案により MaBeeeの使い方や遊び方、工作レシピが載った「MaBeee活用ブック」が出版されました。また2017年には、一般の方とMaBeeeを使ったアイデアを考える「Mabeee祭」も開催しました。そこではMaBeeeファンやIoT好きの方が参加して、MaBeeeを使ったさまざまなアイデアが生まれました。このような活動は、当社も想定していなかった発想がいろいろなところで生まれていくきっかけともなりました。

ー「GRASSHOPPER」プログラムを終えた後の目標を教えてください。

山中:私達はパソコンにIntelやARMのチップが内蔵されているように様々なIoTデバイスに「MaBeeeが入っている」ことが当たり前になる世界を作りあげたいです。そのためには、電池に通信モジュールを内蔵するための更なる小型化開発や、新しい通信規格を一体化させる必要があります。

世の中では様々なテクノロジーがあります。当社がこの技術にどれだけ自信があったとしても、メッセージがうまく伝わらなかった際には浸透せずに埋もれてしまう可能性があります。世の中に浸透させるためにはクリエーティブやブランディングが必須ですが、当社にはクリエーティブやブランディングの専門家がおりません。今回のプログラムにより、電通様との共創にてより多くの人にシンプルに伝わるメッセージで世の中に一気に浸透させたいと考えております。そして自分たちのビジョンに近い世界を描き、早期に資金調達を実現し、技術革新、海外展開、そして世界標準になるよう目指してまいります。

前編はこちら

Interview & Text:長谷川きなみ
Edit:市來孝人