仮想通貨ウォレットアプリ「Ginco」“脱・取引所”のメリットとは?/採択企業インタビュー

2019.03.28

電通と多彩なメンター陣による、スタートアップ支援プログラム「GRASSHOPPER」第1期採択企業へのインタビューを実施。今回は、仮想通貨ウォレットアプリ「Ginco」を手始めに、ブロックチェーン技術で金融領域のアップデートを行う株式会社Ginco CEO 森川夢佑斗。前編では事業内容や、起業に至った背景を聞いた。

取引所は一極集中。ウォレットならリスクを大きく分散できる

–まず、事業内容を教えてください。

森川:ブロックチェーンという新しいテクノロジーを軸に、サービスやシステムを開発しています。コンシューマー向けには、様々な仮想通貨を管理・送金できるウォレットというサービスを提供しています。また、ブロックチェーン技術を活用して事業を行いたいと思っている企業に対するサポートやコンサルティングも行っています。

–仮想通貨に関して、ウォレットと取引所の違いはなんでしょうか。

森川:取引所に仮想通貨があるという状態は、銀行にお金を預けている状態に似ており、引き出したり振り込んだりする際に制限が生じる可能性があるんです。銀行の場合、深夜や休日に引き出すと手数料がかかってしまったり、システム改修時はATMが利用できなかったりしますよね。それに対して我々が提供するウォレットというものは、仮想通貨を自分の手元でいつでも自由に扱える状態にするものです。銀行ではなく自分の手元で現金を持っておくイメージに近いです。

–事業を立ち上げた背景を教えてください。

森川:大きく2つあります。1つは、今後仮想通貨が普及し利用シーンが増えていった時に、こうしたウォレットの役割が必要になると考えたから。もう1つは、近年仮想通貨の取引所のハッキングが多発したことで、取引所だけに仮想通貨という資産を預けることに不安を感じていた人たちに対して、自分の手元で安全に管理できるような選択肢を作っていかなければならないと考えたことです。

–ウォレットが取引所同様ハッキングされるリスクはないんでしょうか。

森川:取引所は、自社のサーバーの中に秘密鍵(機密情報)を持っているので、それを外部のハッカーから攻撃されることで突破されてしまうのですが、ウォレットの場合は、ユーザーが利用するスマートフォン1つ1つに自分だけの秘密鍵を持っているので、個人的に攻撃されない限りは被害にあうことはありません。取引所のハッキングが銀行強盗なのに対して、ウォレットのハッキングは空き巣と例えると想像がつきやすいのではないでしょうか。

ハッカー側から見た時に、セキュリティがどちらも高水準の場合、空き巣の方が圧倒的にコスパが悪いですよね。つまり、取引所への一極集中に対し、ウォレットはリスクが大きく分散しているんです。

–メインのウォレットサービスはコンシューマー向けですが、企業サイドに向けた取り組みにも熱心ですね。

森川:コンシューマーに対するビジネスは、自分たちのサービスの範囲をどれだけ広げていけるかという戦いです。でも、それだけでブロックチェーンが普及するのかというと、それは違うと思っているんです。社会全体に視野を広げ、様々な企業などと一緒にブロックチェーンの可能性を広げることが、今後の普及のために重要だと考えています。

Interview & Text:長島龍大
Edit:市來孝人