「GRASSHOPPER DAY 2019 SPRING」開催!第1期ピッチコンテスト グランプリは「ムスカ」

2019.03.28
タグ:

3月27日(水)、電通ホールにてデモデイ「GRASSHOPPER DAY 2019 SPRING」を開催しました。

「GRASSHOPPER」第1期のプログラムでは、外部メンターや電通プロデューサーによるメンタリングを三ヶ月実施。また、電通のネットワークを活かした協業先の開拓、エージェンシーとしてのノウハウ蓄積を活かしたリブランディングなどを支援してまいりました。

「GRASSHOPPER DAY 2019 SPRING」は当プログラム初開催となったデモデイ。メンタリングプログラム第一期採択企業によるピッチコンテストやトークセッションを実施しました(ピッチ企業:WithTravel、エアロネクスト、エドガ、Ginco、クラウドリアルティ、Super Duper、Studio、ノバルス、ペイミー、ムスカ、Laboratik ※日本語表記五十音順)。

11企業が登壇したピッチコンテスト

審査員の採点のもと決定したピッチコンテストのグランプリは、45年に及ぶ研究期間を経て生まれた優秀なイエバエ幼虫を使った循環システムを運営する「ムスカ」。

生ゴミ・畜産糞尿にイエバエの卵を入れると飼料と肥料になるという「ハエ」の魅力、世界の昆虫産業のポテンシャルの高さ、クリエイティブ・デザイン面はGRASSHOPPERのサポートを受けている点などが、株式会社ムスカ 代表取締役 暫定CEO 流郷綾乃さんよりピッチにて語られました。

流郷さんは授賞決定後「賞をいただき本当に感謝しています。4月に新経営体制になります。私たちにジョインしたいと思ってくれる仲間が増えると嬉しいです。この産業を広げていくことでどうやって地球の課題を解決するのかを、みんなで考えたいです」と語りました。

なお、グランプリに次ぐ順位としては2位:ペイミー、3位:STUDIO、4位:エアロネクスト、5位:ノバルスという結果となりました。

GRASSHOPPERは近日、第2期の開催発表を予定。当サイトでは、今後も第1期の成果等のレポートなどを掲載してまいります。

登壇企業・ゲスト一覧

ピッチ
登壇企業:
WithTravel、エアロネクスト、エドガ、Ginco、クラウドリアルティ、Super Duper、Studio、ノバルス、ペイミー、ムスカ、Laboratik
(※日本語表記五十音順)
審査員:
小笠原治氏(ABBALab)、加藤貞顕氏(ピースオブケイク)、鎌田和樹氏(UUUM)、國光宏尚氏(gumi)、千葉功太郎氏(個人投資家/ロボ「オリヒメ」を通し参加)、手嶋浩己氏(XTech Ventures)、溝口勇児氏(FiNC Technologies)
(※五十音順)

トークセッション
GRASSHOPPERメンター メンタリング秘話
家入一真(CAMPFIRE/GRASSHOPPERメンター)
中村洋基(PARTY/GRASSHOPPERメンター)
樋口景一(電通/GRASSHOPPERメンター)
深津貴之(THE GUILD/GRASSHOPPERメンター)
モデレーター:
月村寛之(電通/GRASSHOPPER Co-ファウンダー)
西村真里子(HEART CATCH/GRASSHOPPERメディア 編集長)
(※五十音順)

人気スタートアップの「成長の秘訣」
加藤貞顕氏(ピースオブケイク)
鎌田和樹氏(UUUM)
須藤憲司氏(Kaizen Platform)
溝口勇児氏(FiNC Technologies)
(※五十音順)

投資家サイドが見る「伸びるスタートアップ」とは?
小笠原治氏(ABBALab)
國光宏尚氏(gumi)
手嶋浩己氏(XTech Ventures)
廣澤太紀氏(THE SEED)
(※五十音順)