STUDIO「直感的に使える」デザインで言語の壁を超え、グローバル展開へ/採択企業インタビュー

2019.03.06
タグ:

電通と多彩なメンター陣による、スタートアップ支援プログラム「GRASSHOPPER」。3月27日開催のデモデイに向けて、1月より第1期のメンタリングが行われている。並行し、第1期採択企業へのインタビューをスタート。事業内容や当プログラムにおける目標などを聞いていく。

今回は、コーディング不要・自由自在にWebサイトを作れるデザインツールを開発する、STUDIO株式会社 CEO兼デザインチーフ 石井穣。後編では「クリエイティブ」に対する意識やGRASSHOPPERプログラムに期待することについて聞いた。

前編はこちら

世の中により多くの素晴らしいサービスが生まれる世界を

ー広く「クリエイティブ」の位置付けとして、意識していること・取り組んでいることはありますか?

石井:似たコンセプトのサービスはいくつかありますし、「STUDIO」より多機能のサービスもありますが、どこよりも「直感的な操作感」に強くこだわっています。特にプロの方は、Photoshopに代表されるような既存のデザインツールより使いやすくならないとなかなか乗り換えはしていただけません。また、直感的な使用感は言語の壁を超えてくれるので、グローバル展開もしやすくなりますし、コーディング経験のない方にも簡単に使ってもらえる存在になると考えています。

ープロダクトのブラッシュアップの他に、ユーザー拡大のために注力していることはありますか?

石井:コミュニティ育成に取り組んでいます。コミュニケーションアプリのSlack内に「STUDIO」独自のコミュニティがあり、現在700人ほどのメンバーがいます。スレッドでは、ユーザーの方が作品を投稿したり、新規機能のリクエストやわからない点について質問し合ったりする場として機能しているものです。また、ワークショップなどのリアルイベントも開催し、直接開発する我々とユーザーが交われるような場所づくりにも取り組んでいます。その成果もあり、熱量の高いユーザーの方が自発的にボイスメディアVoicy内の番組で「STUDIO」を紹介してくれるなどの嬉しい事例も生まれてきています。まずは地道にファンを増やしコミュニティの熱量を上げることで、長期的にサービスが大きくスケールすることを目指しています。

ーGRASSHOPPERプログラムに期待していることは何ですか?

石井:「デザインとコードを一つにする」という当社のコンセプトは多くの人に注目してもらっていますが、実用途となるとまだまだ伸び代はあると思っています。その点、GRASSHOPPERを運営する電通には、制作会社との深いつながりがあるので、現場の生の声が多く溜まっていると思いました。そういった方々の声を吸収してプロダクトを磨いていくことで、最終的には制作会社で働くような方に、「STUDIO」を使ってどんどん満足度の高い仕事をしてもらえるようになりたいです。

ーGRASSHOPPERプログラムを終えた後の目標を教えてください。

石井:サービスを充実させていくことで「アイデアがすぐ形になる世界」を実現していきたいです。今後ユーザー数が増えることで、サービス内に溜まったデザインデータをAI化すれば、AIがデザイン未経験者の方のサポートをするということも可能です。もしくは、サイトのデザインだけでなく、機能面のアイデアもすぐに形にできるようなサポートもできると考えています。たとえば、個人の方がTwitterのようなサービスを構築するとなると、かなりハードルが高いですが、そんな機能のアイデアも簡単に形にでき、世の中により多くの素晴らしいサービスが生まれる世界を作りたいと思っています。

前編はこちら

Interview & Text:長谷川きなみ
Edit:市來孝人