食のリコメンド 紙のメニューとチャット形式の共通点は? Super Duper/採択企業インタビュー

2019.03.08

電通と多彩なメンター陣による、スタートアップ支援プログラム「GRASSHOPPER」。3月開催予定のデモデイに向けて、1月より第1期のメンタリングが行われている。並行し、第1期採択企業へのインタビューをスタート。事業内容や当プログラムにおける目標などを聞いていく。今回は、外国人旅行客の食や観光体験を変えるチャット型多言語レストランメニュー「Satisfood」を開発する、株式会社Super Duper 代表取締役 鈴木知行。後編では、「クリエイティブ」に対する意識やプログラムに期待することについて聞いた。

※2019年3月15日をもって、チャット型多言語レストランメニュー「HeY」は「Satisfood」へサービス名を変更。

一番大切にしているのは、誰のためのサービスなのか

ーGRASSHOPPERプログラムに期待することは何ですか?

鈴木:僕たちのサービスは、これまで長く形を変えることなく親しまれてきた「メニュー」を変える存在です。だからこそ、ユーザーである旅行者の方の食体験を邪魔することなく、自然にかつ簡単に使いこなせるものでなければなりません。そのためには、サービスのコアであるレコメンデーションの精度や深度の向上はもちろん重要なのですが、一方でデザインやコミュニケーションの向上も同じ位重要だと考えました。

実は、紙のメニューには多くのメリットがあります。一覧性があり、本のようにとじられているので、読み進める方向が一方向に限られています。その点、タブレット型メニューは、タブやボタンが多かったり、上下動と左右動があり、なかなか使いづらいです。その点で、現在は一方向にしか進まない使いやすさがある「チャット」という形式を利用してレコメンドしているのですが、最適なコミュニケーション手段を模索中です。

ーコミュニケーション面を強化していくべきと感じたのには、何かきっかけがあったのでしょうか。

鈴木:ICCサミットなどのさまざまなピッチに参加する中で、審査員などの第三者の方々から意見をいただきハッとしました。「デマンドは捉えているし、世界を変える可能性がある。ただ、このままのデザインでは使わないかも」という声が多くあがりました。具体的には「チャットだと食べたいものに到達できるスピードが遅くなる」や「店員さんは使いやすいか?」「サービスの利用時にQRコードを読みとってもらうのはハードルが高い」といった意見をいただき、より多くの人が使いやすい黄金のUI/UXを見つけなければと強く感じていたのです。

ーすでに御社の中で、広く「クリエイティブ」の位置付けとして、意識していること・取り組んでいることはありますか?

鈴木:設計や企画をする上で一番大切にしているのは、誰のためのサービスなのかという点です。飲食店向けのサービスというと、飲食店従業員の方にとっての使いやすさを重視しがちですが、僕たちが満足させなければならないのは、まず旅行者の方々であるという点は見誤らないようにしています。

今後、旅行者のSNS上での食事の写真や動画のシェアを促進する機能をつけていく予定です。満足度が高い体験を提供することで、良質な口コミがシェアされ、それが飲食店側へのメリットとして還元されるという循環構造を作っていきたいです。

ー最後に、GRASSHOPPERのプログラムを終えた後の目標を教えてください。

鈴木:まずは直近のラグビーW杯に向けて、デザイン面・コミュニケーション面を磨き上げることで、9月の開幕時には「Satisfood」を自信を持って世の中に出していけるよう準備したいです。結果として、旅行者の方々の「ラグビーも食事も、SuperDuperだった!」という声を大きくしていきたいです。

Interview & Text:長谷川きなみ
Edit:市來孝人